・操作性を重視した受付、結果入力、報告書出力操作によって迅速な報告を可能とします。
・システム化によって時系列データを参照することができ、判定材料とすることが可能になります。
・受付と同時に検体管理用ラベルを出力するので検体管理のわずらわしさから開放されます。

ラベル自動発行機能

業務進捗にあわせ、ラベルの自動発行、再発行が可能

帳票・報告書の印刷

画像つきの報告書、任意のワークシート発行が可能